2012年11月アーカイブ

JFXのデモトレード

| トラックバック(0)
JFXではデモトレードを用意してありますので、検討する方はまずデモトレードを実際に使ってみてから口座開設を決めましょう。登録方法は簡単、ホームページの「デモトレード」をクリックすると別枠ででも口座の登録画面が現れますのでそちらの「デモ登録」をクリックします。次のデモ登録フォームで名前、メールアドレスを入力して登録すると取引ツールの「MATRIX TRADER 」がダウンロードできます。

またデモ登録のID、パスワードはメールで送られてきませんのでご自身でコピペして取っておきましょう!

demo.jpgデモの有効期限は30日で軍資金は300万円から、さらに土曜日、日曜日も仮想レートで動いていますのでデモ取引をすることが出来ます。またモバイル版、携帯版もデモトレードツールが用意されています。また初心者でも分かりやすい動画やPDFファイルでPC版、モバイル版、携帯版の取引画面の使い方がそれぞれ用意されているのでまったくの始めての方でもすぐに取引が出来るようになっています。

デモトレードと本番用との違いは、「ニュース」、「小林芳彦のマーケットナビ」、「MATRXチャート」が使用できません。MATRXチャートくらい動かせるようにしてほしいものですが・・・。あと各種通知メールも作動しておりません。。。しかし取引操作やチャート機能、テクニカル指標などは本番と変わりありませんので十分、本番環境を体験できます。

demo-2.jpg

JFXの豊富な注文機能

| トラックバック(0)
JFXの特徴は豊富な注文機能が備えられていることです。JFXでは、インターネット(パソコン・スマホ・iPad・Android・iアプリ・S!アプリ・ 携帯)をとおした注文が可能になっています。マトリックスとレーダーの注文方法は、豊富な全15種類となっています。

具体的には、
基本的な成行注文、指値 (リミット)、逆指値(ストップ)、のほかに、
ストリーミング注文、時間指定注文、IF-DONE、OCO、IF-OCO、
トレール注文、ワンクリック注 文、ワンクリック決済、全決済注文、一括決済注文があります。

tyuumonn.jpg
これらの豊富な注文方法から、そのタイミングにベストな、また個人の運用スタイルに合わせた 注文が可能になっています。また※注文方法によっては利用できない時間帯がありますので注意してください。なお、各種注文の詳細に関するムービーマニュアル も見られるようになっています。

※時間指定注文では曜日により指定できない時間帯があります。
月曜日は00:00~7:30まで、
火~金曜日は5:30~7:30まで、
土曜日は4:00~23:59まで、
日曜日は00:00~23:59まで時間指定が出来ませんので要注意です。

JFXの入出金

| トラックバック(0)
JFXの入金は、約380行の金融機関がクイック入金に対応しています。このクイック入金は365日、24時間いつでもモバイ ル・スマホ・パソコンから利用できます。急な入金が必要なときでもすぐに入金ができるので安心です。さらにリアルタイム出金サービスに対応しています。平日の銀行営業時間外でもリアルタイムで入金が反映されるようになっています。手数料も無料なので安心して利用できます。ただしクイック入金以外の通常振り込みでは手数料が発生しますのでネットバンキングに登録しておきましょう。出金はクイック・通常出金共に無料です。

jfx-nyu.jpgJFXの入出金システムは、インターネットバンキング契約を持っていない会員でも、銀行のATMからクイック入金ができるようになっています。ただし利用する銀行がメンテナンスを行っ ている時間帯は利用できませんので注意しましょう。入金額の制限は初回のみ1万円以上となっていますが、2回目以降はこれといった制限無しに自由な入金ができます。なお、「クイック入金操作マニュアル」が公式サイトから、インストール版・Windows版モバイル版・iPhone版・Android版とも にダウンロード可能になっています。

またJFXの入出金で利用できる金融機関はFX業界でも一番多くの金融機関に対応しています。その数380行もの幅広い金融機関を利用して、クイック入金が利用できるようになっています。都市銀行を中心に、さらにはゆうちょ銀行・ネット銀行、さらにさらに地方銀行・労働金庫・信用組合・信用金庫などにまで対応していますのでほぼ全国、誰でも対応できるようになっていますのでFX口座のために新たに銀行口座を作る必要が無いのはありがたいですし口座開設もスピーディーに行えるのもいいですね。

JFX株式会社はスマホ取引ツールも充実しています。スマホの中でもAndroidとiphone(iアプリ、Sア プリ、iPhoneアプリ、Androidアプリ)にすでに対応しており、アプリもアップデートによって日々向上ています。これによって外出先でもいつでも取引操作が可能になり、重要な取引チャンスを逃しません。JFXの人気取引ツールである「MATRIX TRADER」は、パソコンはもちろんモバイルでも使用でき幅広いスタイルの取引が可能になっています。携帯電話(通常のモバイルアプリや携帯WEB)はもちろんスマートフォンに対応しているため、いつでもどこでもさまざまなスタイルで取引ができます。

MATRIX-3.jpg
MATRIX TRADER・パソコン版でも便利と好評を博した機能が、スマホツールの方でも多数利用可能になっています。たとえばパソコン版でも好評な初期値設定は、 スマホ版でも行うことができます。注文方法はパソコン版と同等の種類があり、たとえば時間指定注文のような特殊な注文方法を始め11種類の注文方法をスマホから利用することができます。チャート機能も操作性抜群の充実したチャート機能が利用できます。さらに4本値表示やクロスラインも表示できます。もちろん小林芳彦のマーケットナビも閲覧可能です。

スマホの注文方法は全部で11種類、
成行・ストリーミング・指値・逆指値・時間指定成行・時間指定指値・時間指定逆指・OCO・トレール・IF-DONE・IF-OCO。

スマホのテクニカル指標は全部で10種類!
単純移動平均・指数平滑移動平均(EMA)・ボリンジャーバンド・一目均衡表・パラボリック・ストキャスティクス・RSI・MACD・DMI・平均足・RCI。

特筆すべきところはこのスマホツールからクイック入出金が可能ということです。スマホからクイック入出金ができるFX会社は今のところそんなに多くなくて、グループ会社のヒロセ通商はもちろんのこと、みんなのFXやFXプライム、DMMFXくらいなものです。しかもJFXでは全国380行に対応しているのでほぼほとんどの人が利用可能なのもすごいところです。
JFXのチャートとして人気の「MATRIXチャート(マトリックスチャート)」は、今、各FX会社で続々と搭載が相次いでる柾木利彦氏がポリンジャーバンドを改良したテクニカル指標、スパンモデル・スーパーボリンジャーを搭載しています。2012年の夏にバージョンアップし、さらに使いやすくなりました。
→ 柾木利彦氏の詳細、スパンモデル・スーパーボリンジャーは柾木氏のブログで確認できます。

MATRIX-2.jpg

MATRIXチャートはグループ会社のヒロセ通商の取引ツールLIONチャートと同一のもので、マイクロソフトが開発した安定性と高速性にすぐれたWebブラウザ Silverlightを使用したチャートで、以前に比べて断然操作性がUPしました。

MATRIXチャートの特徴としては、チャート上で経済指標が表示できる便利機能が挙げられます。
チャート上にある「経済指標マーク」を使って、気になる指標をすぐに見ることができ、とても便利で、約150件の経済指標を表示できます。もちろん予想・結果・前回結果も見ることができます。

MATRIX-1.jpg

さらにコメントやアラートも、チャート上で別の位置に表示させることができますたとえば、従来は位置が固定だったコメント・アラートのマークが、MATRIXチャートであればロウソク足の余白部分に移して見やすくすることができます。さらにコメント、マークの種類、機能なども大幅にバージョンアップしています。

MATRIXチャートに搭載されているテクニカル指標は、
トレンド系が、
移動平均・回帰トレンド・一目均衡表・ポリンジャーバンド・HLバンド・指数平滑移動平均・エンベロープ・加重移動平均・線型回帰・GMMA・ピボット・スパンモデル・ス-パーポリンジャーも13種類と
オシレータ系が、
モメンタム・RSI・移動平均乖離率・MACD・RCI・ストキャスティクス・ATR・CCI・ウィリアアムズ%R・DMI・アルーンインジケータ・アルーンオシレータ・ROC・RVIの14種で合計27種類が搭載されています。

またフィボナッチもフィボナッチアーク、フィボナッチリトレイスメント、フィボナッチターゲット、フィボナッチファンと4種類搭載されているのも嬉しいですね。また2種類の通貨ペアを同一チャートで表示する比較チャート機能もあり!チャートの機能としては申し分ない部類ですね。

JFXは会員限定のコンテンツからオリジナルコンテンツまで、FXに役立つ豊富なマーケット情報が提供されています。すべての人が閲覧できるのは「経済指標」・「ブログ」・「ツイッター」・「ライブセミナー」・「勝つための方程式(動画セミナー)」となっています。特に人気なのが「小林芳彦のマーケットナ ビ(会員限定)」であり、勉強になると多くのユーザーから好評を得ています。小林氏自ら独自に収集した情報から分析した、プロ視点のマーケットナビです。 「短期売買方針」を中心にリアルタイムの「マーケット速報」など、豊富な情報・解説を閲覧できます。

↓ 「本日の短期売買方針」その日の参入レベルから利食い、損きりレベルを毎朝、解説付きでレポートしています。また他と違うのがさらにその結果、損益までをも公表しているところです。
market.jpg

またこの短期売買の一部情報を掲載した、小林芳彦のマーケットショットblogは会員以外の方でも閲覧できます。

kobayasi2.jpg

「JFXのT&C fx wave(会員限定)」
為替に特化した、リアルタイム投資情報です。ニューヨーク市場のコアタイムをカバー。世界中の相場動向を一日ウォッチングしています。一日で150本以上の ニュース記事を配信中。世界で活躍しているディーラー、市場参加者の独自取材、公的機関、ヘッジファンド、機関投資家の動向など、タイムリーな最新情報を 配信しています。

「JFXのKlug NEWS(会員限定)」
配信本数は一日で平均180本以上!なお、ニュースは全てKlugアナリス トによって書かれています。経済指標、要人発言、市場概況、コモディティ関連、通貨別テクニカルポイント、主要通貨市況、オセアニア通貨、南アフリカラン ド情報、災害・事件など・・・ファンダメンダルを中心とした豊富な情報も配信中。

JFXの特徴

| トラックバック(0)
JFXはもとはアクロスFXという会社でしたて、その当時は箸にも棒にも引っかからないようなFX会社でした。その後、2009年にヒロセ通商のグループ会社となったことからシステムも、ヒロセ通商と同一のものを使用し、取引条件もほぼ同じとなっております。2010年、元為替ディーラーの小林氏を社長に据え、小林氏自身による売買方針レポートが評判となり今ではレポート閲覧、情報収集のために開設するトレーダーもいるとか!

kobayasi.jpg

JFXの取引概要はFX初心者の人でも 手が出しやすい、1000通貨単位からの取引が可能です。初心者の人はリスクの低い1000通貨単位からの取引からスタートしていきましょう。手数料は無料なので、取引ごとの細かいコストを気にせずに、安心して取引ができます。 またスプレッド以外の手数料がかからず、唯一のコストであるスプレッドも低水準なのが特徴です。取り扱い通貨は主要はもちろん、意外とめずらしいマイナー通貨も扱っています。JFXの取引ツールといえば「マトリックス・トレーダー」が有名です。このマトリックス・トレーダーは上級者向けなイメージがありますが、なれてくると操作感がすばらしいのが実感できますし、取引注文の種類が多いのが特徴です。

erabareru.jpg
JFXは数あるFX会社の中でもキャンペーンの種類・実施回数が多いのが特徴です。イベントやキャンペーンが好きなトレーダーにはおすすめのFX業者といえます。時にはキャッシュバック1億円!なんてキャンペーンを行っていたります。また口座開設のスピードがすごく早いのも特徴です。私が開設したときは夕方に申し込んで翌々日にはFX取引が出来ましたので実質、中1日で口座開設が完了するスピードは感動物でした。