JFXの特徴

| トラックバック(0)
JFXはもとはアクロスFXという会社でしたて、その当時は箸にも棒にも引っかからないようなFX会社でした。その後、2009年にヒロセ通商のグループ会社となったことからシステムも、ヒロセ通商と同一のものを使用し、取引条件もほぼ同じとなっております。2010年、元為替ディーラーの小林氏を社長に据え、小林氏自身による売買方針レポートが評判となり今ではレポート閲覧、情報収集のために開設するトレーダーもいるとか!

kobayasi.jpg

JFXの取引概要はFX初心者の人でも 手が出しやすい、1000通貨単位からの取引が可能です。初心者の人はリスクの低い1000通貨単位からの取引からスタートしていきましょう。手数料は無料なので、取引ごとの細かいコストを気にせずに、安心して取引ができます。 またスプレッド以外の手数料がかからず、唯一のコストであるスプレッドも低水準なのが特徴です。取り扱い通貨は主要はもちろん、意外とめずらしいマイナー通貨も扱っています。JFXの取引ツールといえば「マトリックス・トレーダー」が有名です。このマトリックス・トレーダーは上級者向けなイメージがありますが、なれてくると操作感がすばらしいのが実感できますし、取引注文の種類が多いのが特徴です。

erabareru.jpg
JFXは数あるFX会社の中でもキャンペーンの種類・実施回数が多いのが特徴です。イベントやキャンペーンが好きなトレーダーにはおすすめのFX業者といえます。時にはキャッシュバック1億円!なんてキャンペーンを行っていたります。また口座開設のスピードがすごく早いのも特徴です。私が開設したときは夕方に申し込んで翌々日にはFX取引が出来ましたので実質、中1日で口座開設が完了するスピードは感動物でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knievelweek.com/mt/mt-tb.cgi/1